忍野の山々 (5) 加瀬山、立の塚峠

UPDATE : 2017.3.12

杓子山から二十曲峠まで尾根を縦走しますと、ほぼ中間点に「立の塚
峠」があります。そして、その先に小さいピークですが標高1275
mの「加瀬山」です。この辺りは歩いていて険しくもなく、樹間です
が、南方に富士山が望められ心地よい。

立の塚峠からは内野村に通ずる道があり、過っては都留市の鹿留地区
への往来に利用されていたと思われます。幅2.5mほどの立派な道
が現存しております。

歩いていて気が付いたのですが、立の塚峠を境に岩石が全く異なるこ
とです。杓子山、子の神山側は俗にいう「青目石」(新生代凝灰岩)で、
加瀬山側の東部は白みを帯びた「御影石」(石英閃緑岩)となります。

前者は2000万年前の海底にあった堆積凝灰岩が長い時代の末、隆
起したもので、後者はそこに数百万年前に貫入した地下のマグマがゆ
っくり固まった深成岩です。地学的にも大変面白い場所です。
 つづく                       (堀内)

【トレイルレース受付中です!】

UPDATE : 2017.3.10

こんにちは!
観光案内所スタッフ渡邉正隆です!

今日も寒い忍野村
ただいま午前10時
気温は3度…
寒いです(笑
春が待ち遠しいですね

いや!
待ち遠しいのは初夏!

今年もやります!
第8回富士忍野高原トレイルレース

毎年6月の初めに行われるこのトレイルレース
なんといっても忍野村の大自然!

高原の爽やかな風吹くいなか道を
富士山に見守られながら走ってみませんか?

詳しい内容やエントリーなどは
第8回富士忍野高原トレイルレース公式HP
oshinotrail.jp
をご覧ください!

受け付けは今月いっぱいまで!
なお
先着順となりますのでお申込みはお早めに!

八海橋一号改修工事のお知らせ

UPDATE : 2017.3.9

3月8日(水)〜3月17日(金)までの間、八海橋一号の改修工事を行っております。期間中は八海橋一号及び八海橋二号は通れません、ご不便をおかけいたしますが、迂回路を通り八海巡りをお楽しみください。工事へのご理解ご協力の程宜しくお願いいたします。

迂回路に関するお問合せは忍野村観光協会0555-84-4221へお願いいたします。

忍野の山々(4) 子の神山、鹿留山

UPDATE : 2017.3.7

杓子山から二十曲峠までは尾根続きでございます。その間に、ピーク
として子の神山(ねのかみやま)と加瀬山がありますが、鹿留山は「子
の神山」の北側に突き出すようにしてある独立峰です。10分ほどで
行けますがブナの巨木が生え、富士山も見えなく忍野の山々としてあ
まり魅力ありません。

そんな訳で標高1588mの「子の神山」を基軸に報告いたします。
杓子山から抜けるコースは何回か歩っていますが、改めて今回二十曲
峠から試みました。このルートは頂けます。険しくなく快い登攀の末、
まずは加瀬山に至ります。そして、ほどなくして「立の塚峠」です。

ここからは緩い登坂、そして長い岩場で中級登山者向きの結構なそれ
が立ちはばかります。2か所が結構きつい岩場登攀でのでご注意を。
これを抜けると「子の神山」に到達です。でも、そこからは絶景は見
えません。写真はその少し手前の張り出し露岩からキャッチしました。
 つづく                        (堀内)

二十四節季 「啓蟄」

UPDATE : 2017.3.4

明日3月5日は“二十四節季”の「啓蟄」です。聞きなれない言葉で
すが、“啓”とは開くという意味でして、“蟄”とは虫が冬ごもりのた
めに土の中に入る事です。で、「啓蟄」を二十四節気では、土の中にい
た虫たちが地温の上昇から地上に這い出して来る時期、まさに動き出
した春の兆候として捉えます。

『暦便覧』には「陽気地中にうごき、ちぢまる虫、穴をひらき出れば
なり」と記されています。“弥生3月”とは言うものの、実はこの3月
は陰暦でして私たちが用いている太陽暦とは、およそひと月ほどの違
いがあります。

でも、3月の訪れは3日のひな祭りに始まり、つづく5日の「啓蟄」
で春の兆しをいやが上にも増さざるを得ません。これから四月卯月ま
では、春とは言うものの本格的な雪日があるでしょう。
湿った雪ですが、「春告げ雪」と分かれば厭う気持ちも起きません。
                           (堀内)