大臼 小臼 1

UPDATE : 2017.1.22

----大臼 小臼 とは

富士山の噴火口は頂上のそれのみならず、山腹ないし麓にも多数存在
しております。それらの火山を側火山と称しますが、富士山頂から見
て北西方面に圧倒的に多く、南東方面にも多く見けられます。

同時に北東、南西方向にも数こそ多くはありませんが側火山は存在し
ます。十字上に側火山が集中しているのが富士山の噴火の特徴です。
クロスライン(十字線)上に側火山が発生することになります。
十字のラインで起こるのは、プレートの押し合い(ユーラシアプレー
トとフィリピン海プレート)から生ずる応用力がもたらすものです。
詳しいメカニズムはここでは割愛致します。

忍野村は富士山頂から見て北東方向になりますが、山頂から13.5km
の忍野村内に2つの側火山跡が確認できます。それぞれを「大臼」「小
臼」と称しております。山頂から見て最も遠い場所にある側火山です。
 つづく                        (堀内)

二十四節気 「大寒」

UPDATE : 2017.1.19

明日は二十四節季の一つ「大寒」です。一年で寒さが一番厳しくなる
季節を言います。通常は太陽暦の1月20日が指定されます。陰暦と
の関連から1月21日になることもあります。
「大寒」の名にふさわしく(?)今は日本列島に大寒波が襲っている
ので、恐ろしい寒さとなっております。

忍野村でも15、16日の最低気温は−15〜16℃を記録したほど
です。だが一年でもっと寒いのがこれからです。
『暦便覧』にも「冷ゆることの至りて甚だしきとなれば也」と説明さ
れております。

寒さはこれからが本番で、立春(2月4日)まではさらに寒くなると
おもわれます。水道管凍結、軒の氷柱(つらら)にご注意を。

注/『暦便覧』:天明7年(1787年)に出版された暦の解説書。
   太玄斎(たいげんさい)著
                           (堀内)

道祖神祭

UPDATE : 2017.1.13

今年も朝から、各地区の役員や子供たちで道祖神祭の飾り付けを行っています。
道祖神の石祠は、村内に10か所あり道祖神ごとにご神木がたてられ上納物とヒイチ、色とりどりの折り紙で飾り付けをします。
キレイに飾り付けられたご神木は、本日13日から15日まで見ることが出来ます。
富士山と道祖神祭を見に忍野村へお越しくださいね!

(写真は、下村の飾り付けです。)



忍野村の道路と「忍野八海」周りの現況

UPDATE : 2017.1.13

数日前の大雪は道路に関しては、除去されほとんど問題なく走れます。
しかしながら、日陰では残された雪が固い氷となって大変危険な状況です。また、日当たりの場所でも、日中に溶けた雪が夜間に凍る「アイスバーン」になる箇所も見受けられます。ご注意ください。
こちらへ車での来訪者は、チェーンないしはスタッドレスタイヤの装備を必ずお願いします。

「忍野八海」周りでは、一部の場所は雪が踏み固められて、ツルツルの氷になっているところもあり、雪が溶けだして“氷の道”となっているところもございます。
周遊には滑り止めのついた履物、ないしは網底の滑りにくい靴でお越しください。
                         (堀内)

積雪による道路状況

UPDATE : 2017.1.10

二日前に50cm以上雪が積もった忍野村。道路の除雪はされておりますがアイスバーンになっています、お車でお越しの際にはスノータイヤの装着をお忘れなく!!
雪が降り寒い日が続いておりますが、富士山と忍野村の雪景色は絶景です、ぜひ温かい服装でお出かけください。