内野溜井跡

水を求め、失敗を繰り返し完成した溜池跡地

内野溜井跡 ここには水を求めた村人たちの執念と無念さ同居する。幕末の頃、水田造成が郡内地方で盛んに行われ始めたのをキッカケに、内野でも畑を田に変えるべく大量の水が必要だった。そこで新名庄沢と賀背沢の水を集め、溜池を造るために村人たちが力を合わせた。そして、いよいよ水が流しこまれたところ、地質が火山灰だった為に水は溜まらず、しみ込んでしまった。各家から持ち寄った灰をまぜ地底を固めるも、無念、失敗に終わった。しかし、近年大きな溜池が先人の苦労の証として完成した。

内野溜井跡